株式会社MELLIDIONの沼倉裕です。

今こうしてあなたに向かって手紙を書いていますが、
正直さっきから胃痛がおさまりません。

書いている今ですらこんな状態ですから、
実際にこの手紙があなたに公開される日には倒れてしまうかもしれません。


それくらいビビっています。


会社を立ち上げてから10年以上が立ち、
私はビジネスで数十億というお金を動かしてきました。

アメリカのサンフランシスコという町で、
大学生だった頃、いきなり6000万円の売上を作り
その後も順調に売上を伸ばし、会社も組織も大きくなってきました。

普通の大学生だった2004年から現在までに数社の法人を立ち上げビジネスを拡大し続けています。
今や私にとって、億単位のお金を生み出すことは決して難しい事ではありません。


言っておきますが、自慢話がしたいわけではありません。

「なぜ、ビジネス素人かつ美術の大学生だった一人の男がいきなり数千万円という売上を作り
 その後も継続して億単位の売上を毎年生み出すことができているのか」


あなたはこの部分に興味はありませんか?

私にビジネスの才能があったわけでも、何か特別な環境にいたわけでもありません。
そこにはたった1つの秘密があるのです。

この手紙では、私が今まで誰にも話さずに隠してきたその秘密を、
全て暴露してしまおう、と思っています。


そして、その秘密を全てあなたに継承します。

また胃がキリキリしてきましたが、
私も覚悟を決めました。

今からあなたにお伝えする話は全て真実であり、
沼倉裕という人間が成功という経済的自由、そして時間的自由を手にすることができた、

ただ一つの秘密です。


この手紙は、まさにこんなあなたに読んでほしいのです。

  “これまでたくさんの教材を買って実践してきた。
  高額なビジネススクールに入って色んなノウハウも学んできた。
  なのに結果が出ない!ビジネスが発展していくイメージが湧かない!“

こんな方にこそ、私の秘密を継承して欲しいと思っています。

私もこれまで、数多くのビジネス参入者を見てきました。
同時に結果が出ずに挫折してしまった人たちもたくさん知っています。

その原因には様々な理由があります。

買った教材が当初言っていた内容とまったく違っていたり、
内容が理解できないような難しいことばかりで挫折してしまったり…

人それぞれの理由があるように感じますが、
私に言わせればその原因は全て同じです。

それは…

“ノウハウばかりにお金をかけて、スキルを習得していなから”

これだけです。

ちょっと良く言われている事が分からないかもしれませんね?
ノウハウとは知識であり、スキルとは技術のこと。

世の中の多くの人はノウハウを求めています。

販売する側から見ても、ノウハウの方が売れやすい
ということは良くわかっています。

だから、ノウハウばかりが売れていき、しっかりとしたスキルを
身につけられない人達が残念な結果を手にしてしまうのです。

これが真実です。

知識はしょせん知識でしかなく、それをアウトプットするためには
それに見合うスキルが必要となります。

技術がないのにノウハウを実践しようとしたところで、
結果が出ないのは当然のことでしょう。


しかし、スキルを習得しましょうという言葉では良い物も売れない。
だからノウハウばかりが世の中に溢れかえり、それを購入する人が増え、
稼げない人たちが急増している。

ビジネス業界の悪循環と言えるでしょう。

だからここで真実をお話します。

ノウハウだけでは稼ぐ力を身に付けることはできません。

パソコン一つで成功を手に入れる人間になりたいのであれば、ノウハウ以上に
「0からお金を生み出すことができるスキル」が必要なのです。

もし、あなたがそのスキルとは何であるかを知っていて
完璧にマスターしている、という自信があるなら
どうぞこのページはこのまま閉じてください。

あなたはもう既に億単位の売上を上げている人間でしょうから
ここから先の手紙の続きは必要ありません。


では、あなたが現実的に習得するべきスキルとは何なのか?という話です。

世の中には、売上を上げるため、お金を生み出すために習得可能なスキルはたくさんあります。
様々なマーケティング手法であったり、WEB制作やプログラミングなど、
これらのスキルをマスターすることができれば人並み程度の生活をすることは可能だと思います。

しかし、これらは莫大な勉強量が必要であり、
さらに時代と共に変化していくものなので、常に最新の情報を収集し、勉強をし続けなければいけません。

また、基本的には労働収入という形になるので、
自分が動き続けないと収入が上がらないし、動き続けたとしても
自分は一人しかいないので収入に上限があります。

私はこれを「追いかけっこビジネス」と言っています。

情報やお金を常に追っかけていて、
自分の時間だけが削られていくビジネスです。


私は、こういった追いかけっこビジネスには決して手を出しません。

労働収入でお金を得るだけなら、会社員と何も変わりません。
収入に上限があり自由にもできない以上、成功者には成りえないからです。

私がビジネスを選ぶ基準は、
自分が仕込んだ仕組みから半永久的にお金が生み出され、
自分が実際に動かなくても毎月収入が生まれていく。

これが絶対条件です。

そんなこと不可能だ!と思いましたか?

しかし、これをいとも簡単に実現してしまうスキルこそが、
私が隠し続けてきた、たった1つの秘密なのです。


追いかけっこビジネスのような労働収入ではなく、
社会からも強烈に求められていて、なのに誰にでも習得できて圧倒的に稼げる唯一無二の最強スキル。

それがコピーライティングという名のスキルです。

もちろんあなたも耳にはしたことがあると思いますし

『何だよ、コピーライティングかよ』

もしかしたら、そう思っているかもしれませんね。

もし、あなたが数十億単位の売上を作ることが出来ていて
あなたの今のビジネスライフに完全に満足しているなら、
そう思っていても仕方ありません。

しかしもしそうで無いならば、
ここからお話する内容は、恐らくあなたの人生にとって極めて重要な話になります。


コピーライティングの存在を知っている方は多いと思います。

文章を通じて商品を売る時には必須となる技術であり、
もっとも売上に直結するスキルなので、ビジネスの世界では最重要視されています。

例えば、超1流のコピーライターにセールスレターの執筆を依頼したら、
原稿1本あたり数千万円という報酬を払う場合もあります。

それでも、そのコピーライターに執筆を任せることで売上が数億増えるなら、
数千万の投資は安いものですよね。
コピーライティングというのは、それくらい売上を左右するものなのです。

ゆえにコピーライティングは、“現代の錬金術”とも呼ばれていて、
売れるコピーが書ける人間は自由自在にお金を生み出すことができます。

大げさな表現ではありません。

自分が文章を書けば、飛ぶように売れる。
文字通り自由自在に収入を操れるわけです。

また、ビジネス業界の裏話になりますが、
ビジネスという業界で一番お金を生み出している人間はコピーライターです。

あなたも、ビジネスで成功を収めて派手に稼いでいる人間を何人か知っていると思いますが、
そういった表舞台に立つ方々の何倍も稼いでいるコピーライターがたくさんいます。

基本的にコピーライターは表に出てこないので知られていませんが、
本当は実力あるコピーライターこそが一番の権力を持っていて、
裏でひっそり稼ぎまくっている、というのが真実なのです。


私もこれまで10億単位でお金を生み出してきましたが、
それは全てコピーライティングを学んでからの話です。

ライティングの重要性に気づくまでは、正直あまり稼げていませんでした。
しかし成功するためにはライティングが必須であると気付き、
必死に勉強を開始してからは収入が右肩上がり。

売れるライティングの法則を見つけたときには、

「これで自分は生涯お金に困ることはなくなった」

と確信しました。

それほど強力な武器であるということです。

実は、これは私にとって恥ずかしい秘密でもあります。

「沼倉裕は結局、ライティングの力だけで成功したんじゃないか!」

こう思われても仕方がないですからね。

しかし、それが事実なのです。
私がコピーの秘訣を習得してからお金に困ることがなくなったというのは、紛れもない事実です。

今の時代、本当の意味で「お金を自由自在に生み出せるスキル」というのは、
ライティング以外に無い。これは正直言い過ぎではありません。


では、コピーライティングがどれだけ重要なものなのか、
少し例を出してお話します。

前提として、何かものを販売するときは、「成約率」が非常に重要になってきます。

成約率とは、「このサイトに何人の人が訪れ、そのうち何人が購入したか?」を表す数字であり、
「購入数÷アクセス数」で計算されます。

 ■成約率が1%であれば、100アクセスあって1人が購入。
 ■成約率が10%であれば、100アクセスあって10人が購入。

つまり、成約率は高ければ高いほど良いということです。

ライティングスキルが大きく影響するのは、この成約率です。
コピーの善し悪しによって、
同じ商品であっても成約率には雲泥の差が生まれます。
高い成約率を書けるコピーライターは大金を積まれて依頼がきますし、
低い成約率しか出せないコピーライターはお金を生み出すことができません。

では少し例を出します。

同じ商品のセールスレターを、二人のライターに書いてもらいます。
片方が「成約率1%」、もう片方が「成約率1,1%」だったとします。

その差は0.1%しかありませんが、実際にはどれくらいの差が出るのか?


同じ成約率で4ヶ月間継続し、20万円以上の利益が出たら、残りを翌月の広告費に回していく。
最終的に手元に残るお金はどれくらいになるのか?というシミュレーションです。


■「成約率1%」のセールスレターの場合・・・


毎月30万円を売り上げているので、
20万円を残し、残りの10万円を翌月の広告費に回していきます。
その結果、最終的な利益は90万円となります。


■では、「成約率1.1%」のセールスレターの場合・・・



いかがでしょうか?

初月が33万円の売上で、翌月に回せる広告費は13万円。
広告費を増やせばアクセス数が上がるので、次月は42万円の売上。

最終的に手元に残る利益は231万円

成約率がたった0.1%上がっただけで、4ヶ月後に手元に残るお金が
141万円(2.5倍以上)も変わるのです。

今回は4ヶ月のシミュレーションでしたが、これの販売期間が長くなったらどうでしょうか?
成約率をさらに0.1%伸ばすことができたらどうでしょうか?


その結果は容易に想像できるはずです。

ちなみに例に出しておいて自分で言うのもおかしいですが、
これは非常に貧乏臭いシミュレーションです。

平凡なセールスレターを本物のライティングをマスターした人間が作り変えた場合の成約率は
私の経験上3倍に跳ね上がります。

つまり、通常1%の成約率が3%になるということになります。

とにかく、言いたいことは、
コピーライティングは無限の可能性を秘めていると言うことです。

普通のコピーライターよりも
0.1%成約率を伸ばすことができるコピーライターに数千万円という大金が支払われる理由を、
これでわかっていただけたと思います。


コピーライティングを習得すればお金に困ることはなくなる。
だからコピーライティングを覚えましょうと伝えると・・・

ほぼ確実にこう言われます。

 「でもコピーライティングって難しいんですよね?」
 「覚えるのが大変そう」
 「マスターするのに莫大な時間が掛かりそう」

こんな風に思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、よく考えてください。
あなたはいつ、どこで「コピーライティングは大変」と思うようになったのでしょうか?

おそらく、どこかの誰かが「コピーはめちゃめちゃ大変なんですよ」と言っていたのを聞いて、
それを正しいものだと認識しているのではないでしょうか。


「コピーライティングは素人には難しい」
そうコピーライターたちに洗脳されているのです。



メルマガやブログ、動画などを通じて、
「コピーライティングは難しい」というイメージを少しずつ刷り込まれているのです。

彼ら(コピーライター達)は表現が上手ですからね。
洗脳されるのも無理はないでしょう。

確かに、世の中にあるコピーライティングの教材は、とんでもないボリュームだったりします。
何百ページもあったり、講座が終わるのに半年以上かかったり…

私に言わせれば、それはナンセンスです。

理由はわかりませんが、コピーライティングを学ぼうとすると
ビジネスに直結しない理論まで学ばされます。むしろそれが大半です。


宗教のような精神論だったり、書く前の心構え、コピーの歴史など。
そんなものを勉強して、ビジネスに直結するのか疑問に感じてしまいます。

教材のボリュームは莫大なのに、実用性は薄い。
だから「やっぱりコピーを習得するのは難しいんだ」という噂が立ってしまうのです。

ビジネスを始めるからといって、パソコン教室でタイピング学んだとしても、
それは利益には直結しますか?ビジネスは絶対成功しますか?


答えはNOですよね。


それと同じことです。

大切なのは、コピーライティングを覚えることではなくて、
ライティングを通じて利益を出すことです。
ここの認識を間違えないでください。

さらに、コピーライティングをマスターするためには、
文章力や物書きとしての才能が必要であると思っている方も多いようです。

しかしこれは大きな勘違いです。

コピーライティングと、いわゆる文章力は全くの別物。

文字を書くのだから似たようなものだと思っている方が多いですが、
そもそも文字を通じて達成したい目的がまるで違います。似て非なるものです。

それは、

「ボールを扱うプロのサッカー選手なら、同じくボールを使う野球も超一流でしょ?」

と言っているようなもの。
これがどれだけズレた発言かは分かると思います。

小説や論文を書く「文章力」と、物を文章で売るための「セールスライティング」は
全くの別物だと覚えておいてください。

つまり…

コピーライティングは難しいものではなく、国語の成績が1だった人でも
1億を売り上げるコピーを書くことはできる

ということです。


これは私が一番よく言われるセリフです。

これを聞くたびに、
成功するためには才能が必要だと勘違いしている人の多さを感じて悲しくなります。

ですので、断言しておきます。

売れるライティングをマスターするのに、才能の類は一切必要ありません。

私の命をかけて断言しましょう。

現に、私は高校までずっと理系でしたし、大学は美術大学。
本なんて漫画しか読まなかったし、国語・作文は一番苦手な科目の一つでした。

文章を読むのが嫌い、絵の多い図鑑が大好き!

そんな私は図鑑ばかりを読んでいて、
中学の成績は学年で最下位から2番目だったこともあります。

つまり起業するまでは、
ライティングどころか文学とも無縁の生活を送っていたのです。


そんな私でも、コピーライティングを独学で勉強した結果、
数億というお金を簡単に生み出せるレベルにまでなりました。

前述した通り、元々沼倉に文章の才能があったとか、そんな話ではありません。
今でも何か文章で物語を書いてみろ、と言われても
子供の書くような文章しか書くことができません。

数千万レベルの売上を出すコピーであれば、
あなたが学生時代に学んできたものよりも遥かに簡単に習得できるという現実です。


世の中のコピーライターは、売れるコピーが書けるようになるまでに
ものすごい努力と時間を使ったような演出をしますが、そうではありません。

現実はもっとシンプルなんですよ。

あなたが文章を書くのがめちゃめちゃ苦手だったとしても、
売上に直結する重要な部分だけを学べば、
数千万程度の売上を出すライティングスキルなら簡単にマスターできてしまうのです。


繰り返しますが、
私はあなたにコピーライティングの研究者になってもらいたいわけではありません。
売れるセールスの文章が書ける人間になってほしいのです。

売上を上げる、利益を出す。
ここに特化してコピーライティングを学べば、実はそう難しいことではありません。

私があなたに継承するコピーライティング術は、
あくまでも利益に直結する部分だけをお伝えし、余計なことは全て排除します。



例えば、コピーライティングのレベルが10段階あったとします。

世の中のコピーライティング教材や講座は、1から10まで全てをあなたに教えようとしてきます。
だからボリュームも膨大なものばかりですよね。
中には習得まで半年かかる講座もザラではありません。

しかし、
3と7だけ学べば数千万レベルのコピーが書ける、と言われたらどうでしょうか。


だったら他の段階はすべて排除して、3と7だけ覚えればいい。

それが、私がたどり着いたシンプルすぎる答えです。


無駄な学問や理論は徹底的に排除し、本当に利益に直結する部分だけを学ぶ。
そうすることで、最短距離で売れるコピーが書けるようになります。

自動車を運転してドライブしたい、と思っている人が
F1マシンの運転の仕方を覚える必要はありませんよね?

それと全く同じことです。

ライティングスキルには必要なモノと不必要なモノがあるのです。
1〜10を学ぶような文章の研究者になってはいけません。

私たちはあくまで
「コピーライティングを使って利益を生み出す」というスタンスを貫いていかなければ、
どこかで必ず方向性がブレてきます。

ここでもう一つ私の恥ずかしい告白をします。

私はアメリカでの大学生時代、コピースキルを習得するために
3ヶ月間、毎日3時間勉強をしてきました。

計270時間。

しかしこれは、先ほど言ったような無駄な部分も含めて勉強していたのです。

無駄な部分も含めて幅広い知識を吸収し、
これは要る、これは要らないと自分で取捨選択していき、そのメゾットをまとめていきました。

さらにそこから膨大な数のセールスレターを書く事によって、集約されたのが、
今の沼倉のライティングメゾットになります。

無駄を徹底的に省き、「売れるコピーを書く」ということに特化した私のコピーライティング術は、
48時間あれば誰にでもマスターすることができます。

断言します。

『誰でも、48時間で』です。


48時間、
つまり2日間あれば、数千万〜億単位の売上を作るコピーライターになることは、ほぼ間違いなく可能です。

コピーライティングの全てを学ぼうと思ったら大変ですが、
今の日本において売上を上げることに特化して学ぶのであれば難しいことではありません。

なので、
2日間をみっちり使い、私のコピーライティングスキルを叩き込み、
継承するためのワークプログラムを開発しました。

あなたの貴重な2日間を私に預けてくれるのであれば、
私がアメリカ時代から練り上げて、
数十億という売上を出していく中で磨き上げられたコピーライティングの全てをお渡しします。

あなたにこの手紙で何度も言いました。

『ノウハウ』は『スキル』に進化して初めて利用価値があります。

つまり、ただあなたにライティングのノウハウを教えるのではありません。

実際に「スキルを継承してもらう」のです。

セミナーのような一方通行の講義ではなく、完全な実践形式であり、
その場でコピースキルを身につけてもらうワーク形式の継承プログラムになっています。

つまり、この継承合宿が終わり会場の外に出るころには、
あなたは自由自在にお金を生み出すことができる武器を手にしている状況になっているはずです。

“この2日間で、参加者の人生を劇的に変える”

これが今回のコピーライティング合宿のコンセプトです。

何ヶ月もかける必要はありません。
血の滲むような努力をする必要もありません。

わずか2日です。

この2日間で生まれ変わってもらい、ビジネスシーンにおける即戦力となってもらいます。
沼倉式セールスライティングのメゾットは、最短距離で売れるライティングスキルをマスターし、
億単位のお金を生み出すことができるということです。

文章力・才能・コピーの知識、一切必要ありません。
誰にでも習得できるくらいシンプルなものです。

ダラダラと知識を垂れ流しにするのではなく、この2日間にギュッと全てを凝縮します。
ぜひ私のコピーライティングメゾットの全てを受け継いでください。





継承プログラム合宿では、この2日間、私があなたに寄り添った状態で
売れるコピーが書けるレベルまで一気に上げていきます。

無駄なことは一切お伝えしません。
それでもこの2日間は、かなり濃密なものになります。

このプログラムを考える上で最優先したのは、
何よりもあなたが実際にコピースキルを継承し、それをアプトプット(実践)できるということです。


これからプログラム内容の一部を紹介します。
あくまで一部です。合宿当日はこの何倍も濃い内容をあなたに叩き込んでいきます。


まずは合宿のタイムスケジュールです。

1日目 7月23日(土)


午前の部
   ■ 9:30         会場集合 
   ■ 10:00〜10:30   合宿についての説明会&準備 
   ■ 10:30〜12:00   午前の部 

   < 12:00〜13:00   昼食 >

午後の部
   ■ 13:00〜15:00   午後の部(1) 
   ■ 15:30〜18:00   午後の部(2) 

   < 18:00〜20:00   夕食+自由時間 >

   ■ 20:00〜21:00   特別勉強会 
   ■ 21:00〜      自由時間 

2日目 7月24日(日)


午前の部
   ■ 10:00         集合 
   ■ 10:30〜12:00   午前の部 

   < 12:00〜13:00   昼食 >

午後の部
   ■ 13:00〜15:00   午後の部(1) 
   ■ 15:30〜17:00   午後の部(2) 

   < 17:00〜      閉会+解散 >

【当日お持ちいただくもの】
 ・筆記用具
 ・宿泊に備えての着替えなど
 ※パソコンの持ち込みなどの必要はありません。




若干の変更はあるかもしれませんが、
大体このような流れで進めていきたいと思っています。

この2日間は、私もその他一切の仕事をシャットダウンし、
あなたに付きっきりで全てを継承できるまで何度でもお伝えします。


では、実際にどのようなスキルを継承するのか?
その一部をご紹介します。



いわゆる「コピーライティング」の知識が無くても、
売れるコピーが誰にでも掛けてしまう
沼倉独自の「ゴールデンルールブック」を伝授。
このルールブックをキーボードの横に置きながらコピーを書くだけで高成約率のコピーを作成することができます。


これまで誰にも話さず沼倉がひた隠しにしてきた
「自動的に売れるコピーが完成してしまう2つの罠」の全てを伝授します。
ここが今回の継承プログラムの中で最重要ポイントとなっています。


コピーを書く前に用意しておくことで
スラスラと流れるように言葉が出てくる
「3つの前提条件シート」を公開します。
この前提条件シートを用意しておくことによって、何を書いたらいいか分からないということはなくなります。


社外秘のデータを公開!
実際に沼倉が手がけたコピーの詳細なデータとそのポイントを細かく解説します。
これは社外の人間には公開したことがない本当の社外秘データです。
沼倉が何を思いながらコピーを書いているのか理解してください。


なんか嘘くさい…怪しい…
そんな疑念を一切抱くことなく読み手が何度もウンウンと頷いてしまう「究極のセットパターン」を伝授。
このパターンさえ知っておけば、コピーでも日常会話でも相手を納得させることができます。




正しい日本語、綺麗な文法が正しいとは限らない!?
多くのコピーライターが間違っている、思わず読み手が引き込まれてしまう文章のポイントとは。


強い言葉や誇大広告で人を誘惑する時代は終わりです。
「お願いだから買わないで」と言っても購入者が殺到してしまう
「書き手の○○○」を公開。
このポイントを知っておくだけで成約率が劇的にあがります。


コピーライターの仕事は書く事ではありません。
○○○に8割の力を注ぎ込むことで読み手の心をエグりだす強烈なコピーを書く事ができます。
あくまで文章とは最後の仕上げ。一流のコピーを書くためにはもっと重要なことがあります。


「倍額でもいいので売ってください」という問い合わせが殺到した伝説のコピーを公開。
読み手から売って欲しいと頭を下げてもらうたった1つのテクニックを実践形式で伝授します。


読み手の行動をコントロールし、意のままに操るために覚えておくべき「後出しジャンケン」ルールを伝授。
コピーを書くときにもっとも意識しておかなければならない読み手心理をマスターしてもらいます。




読み手から親友のような信頼を得るために乗り越えなければならない壁はたった1つです。
その壁の乗り越え方と、それを応用した説得術を伝授します。


稼げるコピーライターはコピーを書くだけではありません。
あなたのセールスレターを「開いた瞬間の読み手の心理」までも操作するために必要な3つの手順を実例で伝授。


実演販売などでも使われている高度心理テクニックを文章で表す手法とは。
「これは私に必要なものだ」と読み手が思わず納得してしまう人間の心理を応用したテクニックをお伝えします。


価格に関わらず人がものを購入してしまう「砂漠で水を売るビジネス」を演出する絶対的ルールを伝授。
これを知っておくだけでコピーを書くときに頭を悩ませることはなくなります。


多くのコピーライターが勘違いしている「保障」の本質的な考え方を紹介します。
返金保障をつければ売れるというのは一昔前までしか通用しません。




読み手を混乱させずに申し込みボタンまで流し込む「雪崩式セールスレター」の5つのポイントを伝授します。
読み手の脳内にスムーズに入り込み商品を購入してもらう大前提です。


沼倉がこれまでの経験で学んだ「コピーに不要な知識」をバサバサと斬っていきます。
多くのコピーライターは不要な知識を得るために時間を割いていますが、あなたはその必要はありません。


読み手が目を見開き興奮状態になってしまうマジックワードを紹介します。
マジックワードをコピーのある部分に入れることで、反応率が大きく変わってきます。


「読まれるコピー」と「売れるコピー」は全くの別物です。
いい人とモテる人の違いにも共通する「心理トリガー」の効果的な使い方をお話します。


無駄な心理学やテクニックを学ぶ必要はありません。
読み手を引き込み、喉から手が出るほど商品を欲してもらうために必要なのは
たった3つの心理を覚えておけばOKです。




売れないコピーから学ぶ、読み手がサイトを閉じてしまうトリガーを紹介。
読み手にサイトを閉じられたり、「戻る」をクリックされたら終了です。
そうならないための重要テクニックを伝授します。


「今買わないと人生損をする」 とまで読み手に思わせる上手な限定表現使い方とポイントを伝授。
ただただ人数を限定したり割引価格を提示するだけでは高成約率のコピーは書けません。


コピーを書くのに時間は全くかかりません。
わずか3時間で数千万を叩き出すコピーを書くために必要な「ライティングフローマップ」をプレゼント。
マップに穴埋めしてコピーを書く事で、最短距離でコピーを完成させることができます。


読み手の脳をグラグラと揺らし、次を知りたくて仕方がない心理にするための3つのテクニックを伝授。
話の面白い人とつまらない人の違いはここにあります。


短期間で爆発的売上をあげるためのコピーと、長期間で安定的に売上るコピーの書き方はまったく違います。
いかなる依頼にも対応できる「目的別ライティング術」をお話します。




沼倉が日常的に行っている「ターゲットストック術」の全てを公開します。
後に数千万円を生み出すことができるネタ帳の作り方をお伝えします。


得られるかもしれない夢のような未来と、得られなかった場合の絶望的な後悔を巧みに使い分け、
読み手の心理を意のままに操る「リスクの天秤」について知っていただきます。


文字だけで読み手の頭の中に写真を流し込む高等テクニックをマスターしてもらいます。
読み手自身に未来を想像させ納得してもらうためには欠かせない技術です。


億を売り上げたいのか、1000万を売り上げたいのか、
最終的な売上を予想し収入すら自由自在に操る「沼倉式コピー方程式」をお話します。
この解によってクライアントとの報酬交渉を行います。


コピーライティングスキルを応用して、あなたの収入源を無限に増やし続ける禁断の方法をこっそりお伝えします。
ほとんどのコピーライターはコピーを書く事によって収入を得ていますが、
コピーを書かなくても収入を得る方法はいくつもあります。



まだまだこんなものではありませんが、これ以上の内容は合宿当日までお伝えすることができません。

私がお伝えするセールスライティングメゾットは、
世の中にあるコピーライティング術とは全く違うものです。

  「コピーライティングを“利用”して、利益を生み出す」

この1点のみに集中している手法なので、再現性は非常に高く
すぐにでも収入に繋げることができる流れも考えています。
(この仕組みについては後ほどお伝えします)

PDFや動画でお伝えするわけではありません。
私があなたの横に座り、理解できるまで徹底的にお伝えします。

「こんなに覚えられるだろうか…」という心配は不要です。
ご安心ください。


今回、私のコピーライティングメゾットの全てを継承するために、
様々な方法をシミュレーションしてみました。

しかし、どう考えても大人数を相手にするのは難しいという結論になりました。

理由はやはり、「ただ教える」形式のセミナーではなく、
実際に売上を上げることができるよう「スキルを継承する」必要があるためです。

教材や動画なんて論外。個人の環境によって左右されるし、継承とは言えません。
ただのセミナーなら何千人いても問題ありませんが、それではただ教えるだけ。
継承するとなると話が違います。

一人一人に密接に関わり、家庭教師のように私がそばについて、
全てを伝授しなければ完璧とは言えません。


それにはどう考えても大人数は無理なのです。

最大でも20人程度が限界でしょう。

私はこのコピーライティングメゾットをスタッフにも教えていなかったので、
継承できる人間は私一人しかいません。
私が一人で、高い質を保った状態で継承するためには、20名を超えてしまうと不可能だと判断しました。

だから「全員に必ずコピースキルを継承する」と保証できる人数まで限定します。

本音を言うと、あまり大人数に伝えたくない、というのもあります。
少人数だけに私のコピーライティングの秘密を受け継いでもらい、
その後は仲間としてビジネスを発展させることができれば、それでいいと思っています。


なので、今あなたはこの手紙を見れているわけですが、
次に訪れたときには人数がいっぱいで参加できない可能性もあります。
その点だけはご了承ください。




今回の合宿プロジェクトは、20名以下の”少人数限定”です。

その、意識レベルの高い少数の方々のために、
この合宿に参加した方のみの特典をご用意いたしました。



ライティングを勉強しても、
その活用の仕方を身につけなくてはあまり意味がありません。

他のライティング講座やスクールは、
ライティングスキルを身につけてもそれ以上の事は教えてもらえません。

沼倉の合宿に参加していただいたからには、
ライティングスキルを身につけるだけで終わってもらっては困ります。

マスターしたスキルをビジネスに活用する方法はもちろん、
さらに、ライティングスキルだけを活用し、独立起業・会社を設立する方法までを
沼倉の10年以上の経営者としての経験を全てお教えしていきたいと思います。



ビジネスで成功するためには、
ノウハウやスキルの有無よりも遥かに大切なものがあります。

それがマインドセットです。

ほとんどの起業家はノウハウやスキルばかり追い求めて
肝心の成功するための考え方や行動を疎かにしています。

起業された会社の50%以上は1年以内に消えるという、
この数字がまさにそれを証明しています。
これは独立した個人ではさらに酷いデータになっています。

このマインドセットで成功哲学をマスターしてください。



沼倉が設立した、一般社団法人日本ビジネスマーケティング協会から
『一流のコピーライティングスキルを持っている』と認定した方へ、資格を発行致します。

この継承プログラムに参加された方のみ資格試験を受ける事ができ、
試験に合格した方には『協会認定セールスライター』の資格を授与し
活動の場を堂々を広げることができるようになります。

さらに、
希望があれば、社団法人の名前と認定セールスライターの肩書きを、
名刺やホームページなどに記載して活動することができます。


 ※ 認定試験は0円で受ける事ができます。
 ※ 一度でもこの継承プログラムに参加した方であれば、
  合格するまで何度でも認定試験を受ける事ができます。



私自身、ビジネスの世界に身を置いて長いですが
コピーライターを求めている企業や人は山ほどあり、依頼がストップすることはありません。

『腕の良いコピーライターを紹介してください!』と、毎度のように言われていますが、
私自身紹介できる人材に限りがあり、
有り余る需要に供給が追いついていないのが現状です。

上記の『認定セールスライター』の資格所有者には
セールスライターとしてどんどん仕事を斡旋していきますので
腕を磨きながら、売上を生み出す実績を見につけてもらい
億単位の売上を動かす人間になって欲しいと思います。



  「やっぱりお金をとるんですか?」
  「無料で教えてほしいんですけど」

申し訳ありませんが、
こんな風に思った方は、これ以上先へは読み進めずにサイトを閉じてください。

冒頭でも言いましたが、
私はかなりの覚悟を持って、今回の継承プログラム公開を決意しました。

私が成功を掴むことができた唯一の秘密。
それを全てさらけ出そうとしているのです。

正直ビビっていますよ。

だからこそ、興味本位や面白半分の人には参加してほしくありません。
中途半端な覚悟で臨んでいる人に自分の秘密を全てさらけ出せるほど、私は勇気のある人間じゃないです。

ちょっとでも怪しいと思ったり、お金を払うほどでもないな、と思うなら
私から無理矢理プログラムに参加させるようなことはしません。
素直に自分の気持ちに従っていただければと思います。

しかしそうではなく、
本気で私のコピースキルを継承したいと思っていて、
今後コピーライティングを通じてお金を生み出していく道を選ばれた方には、私の全てを文字通り引き継いでもらいます。

なので、継承プログラムの参加費は、
本気じゃないと払えないような金額に設定しました。

298,000円です。

値引きは一切しません。

「高すぎる」「そんなの払えません」という方は、申し訳ないですが
このサイトを閉じてもらって構いません。

しかし、中には「安すぎる」と感じてくれた方もいると思います。
単純な費用対効果で考えてください。


この継承プログラムは、人数を超限定しています。
いくら高額とはいえ、20名くらいなら即日で埋まってしまうでしょう。
その少人数と2日間を過ごし、私のコピーライティングスキルを全員に継承します。

「教えるから、あとは家で覚えてね」という類のものではなく、
その場で実践し、その場でマスターしてもらいます。
2日間でコピーを覚えるのではなくて、2日間で売れるコピーが書けるようになるということです。

つまり、セールスライティングを継承し会場を出るころには、
あなたは既に数百万・数千万というお金を生み出せる不変のスキルを手にしていることになります。

コピーを書くだけで大金が振り込まれ、
何もせずとも権利収入が入ってくる生活だって、望めば手に入る立場にいることでしょう。


売れるコピーが書ける力というのは、それほど強力な武器なのです。

それでも参加費が高いと感じるのであれば、それは仕方ありません。
お金の価値基準は人によって違うものなので、あなたに判断していただければいいと思っています。

しかし、
もしあなたが覚悟を決めて継承プログラムに参加してくれるのであれば、
私も一生の付き合いをしていこうと心に決めていますし、
責任をもってあなたを一流のセールスライターにしてみせます。

私が数億というお金を生み出した秘密を共有し、ともにステージを上げていく仲間になりましょう。




会場:東京神田駅周辺



※合宿の開催日は「2016年7月23日(土)・7月3日(日)」となります。
※お申し込み → 入金確認 → 確認メール受信でお申し込み完了となります。
※セミナー会場や宿泊ホテルの詳細情報は、お申込者にのみ通達致します。





合宿に参加して売れるコピーが書けるようになっても、
そもそも売る商品がないからスキルを使う機会が無いと思っている人がいるかもしれませんが、それは間違いです。

商品が無くても、コピーライティングを使って億万長者になれます。

そもそも、いま第一線で活躍している超一流コピーライターの9割は、
自分の商品なんて持っていません。


それでも巨万の富を得ています。

ネットやチラシ、つまり文字を媒体としたビジネスであれば、必ずコピーライティングが必要になってきます。

しかし、コピーが書ける人間が少ないため、供給が間に合っていないのが現状です。
大企業でさえ、コピーが書ける人間が社内にいないので、わざわざ外注をしてコピーを書いてもらっています。

  「コピーが書ける人間がいないので、ライティングの技術を継承できない。
   だからコピーライターが育たず、外注をするしかない。」

こんな状況です。

さらに、外注しようにもコピーが書ける人間は外部にも少ない状態です。
つまり、社会から強烈に求められているにも関わらず、コピーが書ける人間が少なく供給が間に合っていないのです。

もしあなたが少しでもビジネスをした経験があるのであれば、
この市場にいかにチャンスであるか理解していただけると思います。

実際、自分の商品を一切持たず、他社商品のコピーだけを書き続けて
億万長者になっているコピーライターはたくさんいます。

セールスライターのライフスタイルは、
他社のセールスコピーを書き、毎月その売上の何割かを報酬として受け取る。
そんな会社が何十社にもなり、毎月雪崩のように大金が振り込まれてくる
  …こんな感じです。

本当の意味での「稼ぐ力」であり、不労所得。
一時的なノウハウではなく、一生物のスキルとしてこれを実現できるのは
コピーライティングが最適なスキルです。

つまり…


もう断言させていただきます。

セールスライティングを習得すれば、お金に困ることは一生ありません。
これは疑いようのない事実です。

なぜなら、あなたが文章を書けば商品が売れるからです。
商品が売れるということは、その代金が必ず支払われるということです。

この世から文字という概念がなくならない限り、
コピーライティングは不変であり、いつまでも最強のセールスウェポンで有り続けます。

自分の商品を持っていても、持っていなくてもいい。
他社商品を売ることで毎月自動的にお金が振り込まれ、社会からは喉から手が出るほど求められていて、
なのに国家資格を必要とせず誰にでも出来てしまう最強のスキル。


コピーライティングは本当に凄まじいです。
これほどまでに、売上に直結するスキルは存在しません。

コピーライターの億万長者は本当に多いです。
先ほども言いましたが、業界の裏で絶対的権力を握っているのはコピーライターです。

なぜなら、
彼らがもっともお金を生み出すことができる人間だからです。
一流のライターが動けば、数億というお金が動く。そういう人種なのです。


世の中にはたくさんの種類のライターがいますが、
もっともお金を生み出し、収入を増やすことができるのは「セールスライター」です。

あなたの長い人生のうち、たった2日。
たった2日でセールスライティングをマスターし、物を売る文章が書けるようになれば、
生涯お金に困ることはなくなります。


それでも不安だという方のために、こんな制度を導入しました…

コピーライターはビジネスにおいて必須であるにも関わらず、
正式な資格などが一切ありません。

なので、私が作ることにしました。

それだけではありません。

さらに、資格保持者には協会からライティングの仕事を斡旋するサポートもさせていただきます。

協会が資格を発行し認定されたセールスライターは、社団法人のホームページに掲載・紹介させてもらいます。

世の中のコピーライティング塾などでは、
技術はある程度教えるが、その後の仕事に関してはノータッチのところがほとんどです。

しかし何度も言うように、
私はビジネスパートナーとして一生の付き合いをしていきたいと考えていますので、
私が持てるリソースを全て使い、あなたを一流のセールスライターとしてサポートしてきます。

つまり、コピーは書けるのに仕事がない、ということはありえません。

コピーライターの供給は圧倒的に足りていません。
どこの企業もコピーが書ける人間を求めています。
合宿を終えて実力を身につけたら、すぐにでも活動を開始してください。



これは私の持論ですが、ほぼ間違いなく近い将来に起こる事実です。

これからの時代、あらゆるアナログ作業やライン作業、
つまり「コンピューターでプログラムできてしまう仕事」をしている人間は生き残ることができなくなります。


生産や運送などの物理的部分だけでなく、知的部分においてもコンピューターが台頭する時代が必ずやってきます。
そうなれば、企業はランニングコストが安く正確に仕事をしてくれる機械に仕事を任せるようになります。
人件費がかかる人間には仕事が無くなってきます。

実際、もうすでにその兆候が現れてきています。

これからもっと機械化が進んだ場合、
スキルを持たない人間は稼ぐ術をなくしてしまうことになる。

近い将来、こんな未来が必ずやってきます。

しかし、
コピーライティングだけは絶対に機械では実現できません。
なぜなら、コピーとは人間の感情に深く関わる技術だからです。

どんなに機械化が進んでも、どんなに世界情勢が乱れても、
「人が物を買う」という行為がなくならない限り、コピーライターは常に社会から求められる貴重な人材となるのです。


ノウハウも情報も、時代と共に変わっていき、いずれは使えなくなります。
しかし、人の感情という古来より変わらないものを相手とするコピーライティングは、
いつまでも不変のスキルとして使うことができるのです。

本当の意味での「手に職」であり、稼ぐ力です。
一度身に付けることができれば、これ以上に大金を生み出すことができて安定しているスキルは存在しません。



私がアメリカにいた時から勉強し、不必要な部分を削って、稼いでいく中で磨き上げたコピーライティングのメゾットは、
誰にも教える気はありませんでした。

正直に言えば、世の中にあるコピーライティング教材や講座を見て、
「なんでこんな無駄なことばかり教えているのだろう」と疑問に思っていたくらいです。

でもその分、本質だけを理解している自分は稼ぐことができます。
周りがコピーの膨大な知識に振り回されているのを横目に、
自分のコピーライティング術を使ってサクッと稼いでいればいいと思っていたのです。

実際私の会社にも、
10年以上コピーの勉強をしているというライターが入社希望で面接に来たことがあり、
実際にコピーを書いてもらって販売までしたことがありました。

私の何百倍も勉強しているので期待していたのですが、
結果は良いものとは言えず、書いてもらったコピーも頭でっかちな無駄が多いものとなっていました。

その後、私のコピーメゾットを使って簡単に修正したら、
その教材は
短期間で5000万以上を売り上げるヒット教材へと変貌しました。

これが「売上を上げる」ことに特化してコピーを学んだ結果です。

今までは、これで良かったのです。
自分だけが稼げていればいいと思っていました。

しかし私自身もビジネスを通じて成長し、会社も大きくなり、
スタッフもかなり実力ある人材へと育ってきています。


私の視野も広がり、
これまでは自分の成功だけを考えていましたが、
業界全体の進化と、クライアントの成功を本気で考えるようになりました。


誰かを稼がせようと本気で考えた結果…

この先、安定的に収入を得ることができて、誰にでも実現可能な方法は何か?と考えたとき、
コピーライティング以外に思いつきませんでした。


今までなら、
「コピーライティングのセミナーなんてやっても誰もお金を出さない。
もっと簡単に片手間で稼げるようなノウハウを商品化しよう」と考えていたでしょう。

しかし今は違います。
そんな狭い視野で考えることはやめました。

本当に成功者になりたいのであれば、コピーライティングは最短の道なのです。
だったら例え人に求められていないとしても、それを伝えるのが私の役目であると考えています。

だからこそ私は、
この10年で培ってきた沼倉式セールスライティングの全てを継承し、全てをさらけ出す覚悟を決めたのです。


あなたも覚悟を決めてください。

一時的なノウハウや裏ワザのような稼ぎ方ではなく、
本当にお金を生み出すことができるコピーライティングをマスターし、

大金を自由自在に生み出し、自由な時間を手に入れ、これまでとは全く違う人生なるという覚悟です。

夢のような話に聞こえるかもしれませんが、成功者になるというは覚悟がいることです。

最後に言っておきますが、生半可な人はお断りです。
腹を決めて、覚悟を持った方の参加をお待ちしております。




何度も言っているように、
文章力とセールスライティングは全くの別物です。
日本語が理解できて、日本語を書く事ができればOKです。
一度発行されれば、あなたがセールスライターとして
活動し続けいる限り失効されることはありません。
当日に宿泊していただくホテルも
こちらで手配いたしますので、ご安心ください。
1人1部屋です。宿泊代も、参加料金に含まれています。
じっくり話すどころか、丸2日間私が付きっきりになります。
嫌でも話すことになると思いますよ。
コピーライティングそのものを全て習得しようと思ったら、2日どころか1年書けてもマスターすることは難しいと思います。
本来はそれくらい膨大な知識量なのです。
しかし、今の日本において数千万程度の売上をあげるための技術であれば、2日あれば十分に習得可能です。
利益を出すために必要な部分だけを最短で学ぶ。それが沼倉式セールスライティング術です。
当日に宿泊していただくホテルも
こちらで手配いたしますので、ご安心ください。
1人1部屋です。宿泊代も、参加料金に含まれています。
じっくり話すどころか、丸2日間私が付きっきりになります。
嫌でも話すことになると思いますよ。
継承プログラム参加費のお支払いは、
銀行振込・クレジットカードのいずれかでお支払いください。
筆記用具と、宿泊に必要な着替え、
そのほかご自分の必要なものだけでOKです。
一括払い・2回・4回・8回払いを用意していますので、
ご希望のお支払い方法・分割払いをご選択ください。
人数が上限に達していても、このサイト自体は見ることが可能になっている場合もあります。
その場合、参加ボタンを押してみてください。「募集は終了しました」と表示されれば、人数が上限に達したということになります。
普通の決済画面が表示されれば、まだ枠に空きがあるということになります。
基本的にはコピーを書く仕事です。
現状から考えますと、セールスレターの執筆代行の案件が多くなると思います。
報酬形態は様々で、1本書き切りで○○円ということもあれば、売上の○○%ということもあります。
※詳細については依頼主と交渉していきます。
私の講義をしっかりと理解し、継承プログラムに真面目に
取り組んでいただければ
十分に合格できるラインになっています。
万が一試験に落ちてしまったとしても、
再受験は可能です。
もちろんこの2日間で全てを継承する予定ですが、
努力したり自分を磨きあげる覚悟がない方は、参加しないでください。


会場:東京神田駅周辺



※合宿の開催日は「2016年7月23日(土)・7月24日(日)」となります。
※お申し込み → 入金確認 → 確認メール受信でお申し込み完了となります。
※セミナー会場や宿泊ホテルの詳細情報は、お申込者にのみ通達致します。



ここまで読みすすめてくれているあなたには正直にお話しますが、
いまだに私の胃痛は収まりません。ずっとキリキリしています。

あなたが稼ぐために必要な最強の武器はコピーライティングであることは明白ですが、
「本当に公開してしまってもいいのか?」と苦悩している自分がいることも事実です。

しかし1度覚悟を決めた以上、
継承プログラムに参加された方には、私の10年間以上の全てを受け継いでもらいます。

繰り返しになりますが、コピーライティングはもっとも利益に直結したスキルであり、
業界の裏で絶対的権力を持っている人たちのことでもあります。

コピーを学べば、お金に困ることは一生ありません。
沼倉式セールスライティング術によって本当に必要な部分だけを短期間で学び、
お金は簡単に生み出すことができることを実感してください。

また、コピーライターは社会から強烈に求められています。

一般社団法人日本ビジネスマーケティング協会より資格を発行されたコピーライターには、
協会より仕事を斡旋し、セールスライターとしてガンガン仕事をしてもらいます。

もちろん報酬は「時給1500円」とか、そんな次元ではありませんよ。
何百万、案件によっては何千万という報酬になることもあるでしょう。
それくらいのお金をアッサリ動かせる人間になってもらいます。

■コピーを年に2~3本書いて、あとは毎日が休日。
 いつでも好きなところに出かけることができて、お金が減ってきたらコピーを書く。
 そんな悠々自適な人生。

■コピーライターとしての仕事をガンガンこなし、
 業界の裏で権力を握る存在としてお金を生み出していく。
 高級車に乗り、高級マンションに住み、刺激的な毎日を送るセレブ人生。

■様々な企業のコピーを手がけて、
 どんなビジネスであってもお金を生み出すことができる力を持ち、
 社長として社会的地位を得ながら、会社として社会と共に成長していく成功者としての人生。



どれも選択可能です。
売れるコピーが書けるようになれば、こんな人生を自分で選択することができるようになります。

  しかし、チャンスは一瞬です。

継承という性質上、多くの方にお伝えすることは物理的に不可能なのです。
だからこそ、参加人数の上限は20名。超少人数です。

人数に達した時点で、参加申し込みはできなくなります。
私の胃がもたなくなってしまうと思うので、次回の募集は無いかもしれません。

チャンスを逃したくないという方は、お早めにご決断ください。
それでは、合宿会場でお会いしましょう。